カイリー・トラヴィス(Kylie Travis)が好き!



 
カイリー・トラヴィス(Kylie Travis)って
覚えているでしょうか?

1994年から1995年にかけての
アメリカのテレビドラマで

モデル・エージェンシー/女たちの闘い
っていうのにジュリー役で出演していた
女優さんです。

英語では「MODELS INC.」。

好きなんですよね〜
ああいう感じの女優さんが。

今見ると
アンジェリーナ・ジョリーに
似ていますね。

アンジェリーナ・ジョリー 41歳
カイリー・トラヴィス 51歳

男の人はああいう魔性の女に
翻弄されて悩み苦しむのでしょうか?

無理なんだから
初めからやめとけばいいのに…

って、女の立場からは思います。

ま、男の人は悩まされたいのかな。
知らないけど。





髭剃りの痛みで勉強に集中できない



 
肌が敏感で弱い男子は一様に
毎朝の髭剃りで皮膚にダメージを与えてしまい
一日中顔がヒリヒリして勉強にも支障が出ます。

勉強に集中できなくて実際に成績が落ちた
という経験もあります。

髭剃らない分けにもいかないし
ツラいところですね。

校則で「男子の髭禁止」というのがあります。

誰が考えたのか
まったくナンセンスな規則だと思います。

変に気取った髭はもちろん禁止でいいのですが
肌の弱い男子の髭は仕方ないと思います。

変に気取った髭というのは

顎髭だけのばしたり、
下唇から顎にかけて砂時計型に剃ったり、

もっと変なのは

ユダヤ教の人みたいな顎ヒゲとか、
水戸黄門ヒゲとか、
ヒトラー髭とか、
カトちゃんヒゲとか、

そんなふざけた形の髭のことです。

話しを戻しますが
敏感肌の男子高校生の悲劇はまだまだあります。

髭を剃る時間さえ惜しんで勉強したい受験生が
毎朝濃い髭を剃るのに時間がかかる上に
一日中顔が痛くて勉強に集中できず
志望校に落ちてしまったという経験です。

子どもは子どもらしく…というのが
世の中の大人たちの願いですが
高校生って子どもじゃないですよね。

髭あっても勘弁してあげればいいのに
って感じます。

個人的にはヒゲ生やしている男は
全然好きじゃないです。

それはわたし個人の好みの問題なので
ここでは関係ありません。

ただ、わたしも敏感肌なので
顔ヒリヒリの辛さはすごーくわかるんです。

男性が毎朝髭剃るダメージってすごいはずです。

もしも女性が毎朝顔の産毛剃ったら
ダメージ強すぎて肌ボロボロになると思いますよ。

皮膚をわずかに削っているのですから。

敏感肌って、冬場の空気の乾燥だけでも
すごくヒリヒリしてしまいます。
現に今もヒリヒリしてるし。

それプラス毎朝顔にカミソリ当てるなんて
考えただけでも恐ろしいです。

肌弱いのに髭濃い男子高校生、
可哀そうすぎます。

痛くて勉強に集中できないなら
できるだけ部屋を加湿するというのは
どうでしょうか?

自分の部屋でしかできませんが
勉強中にはガンガン加湿器を使いましょう。

あとは、髭剃りの前に蒸しタオルを使って
ヒゲを柔らかくしておくといいですよ。

蒸しタオルは電子レンジで45秒くらい
チンすれば簡単に作れます。

1分だと熱すぎてダメだと思います。

肌弱い人が熱すぎる蒸しタオル使ったら
ますます肌にダメージを与えてしまいますからね。
そこは適度にやってください。

その他には、髭を薄くするローションを
使ってみるのも良いでしょう。

1,000円弱で買えてたっぷり1ヶ月使えますから
試してみることをおすすめします。
高校生が髭を薄くする方法

蒸しタオルと髭薄くするローションで
ヒリヒリ痛みを改善できれば
また勉強に集中できるようになれるでしょう。