男の年収は見た目で決まる



 
世界のエリートが「見た目」にこだわる
本当の理由は何でしょうか?

「見た目」を整えると
心身のコンディションも整い
パフォーマンスがアップするからです。

経営コンサルティング会社に所属する
美容コンサルタントが
数多くのエグゼクティブから学んだ
「外見」と「年収」の深い関係を教えます。

男の年収は「見た目」で決まる──なぜ、一流の人は「顔色」が良いのか?

◇本書「はじめに」より抜粋

「出世したい」と
多くのビジネスパーソンの
皆さんは思っています。
そのためにプライベートを犠牲にして
仕事に時間を費やしたり
英会話や資格を取得するなど
努力をしています。

それなのに「見た目」で仕事の評価が
決まってしまうなんて
少し残念な気がしてしまうかもしれません。

そうはいっても見逃せないのが
「見た目」です。

猫背で「この企画は自信があります」
と言われても
周囲は惹きつけられるでしょうか。

冷たい目をして「信頼してください」
と言われても
誰が信頼するでしょうか。

血色が悪い顔で
「タフなので大丈夫です」
「任せてください」と言われても
大切なプロジェクトを
任せる気になるでしょうか。

「見た目で判断してはいけない」
と思いつつも

「やっぱり見た目どおりの人間」
であるということを感じることは
多いものです。

私は経営コンサルティング会社に
所属するにあたって
多くのエグゼクティブを見てきました。

見た目を気にしないという方はおらず
どうも、普通の人以上に
気をつかっているようなのです。

「私は、ただものではない」

口で言わなくても
全身からそう伝わってくるのです。

前を通りすぎれば
つい目で追ってしまいます。

ついつい信頼してしまいますし
ついついその人をお手本に
真似したくなります。

エグゼクティブの見た目は
周囲を虜にしてしまうのです。

ビジネスで大切な「見た目」とは
誰が見ても「仕事ができる見た目」
であることです。

もしあなたがすごい実力を持っていても
見た目をおろそかにしているせいで
評価が下がっていれば
悔しくてなりません。

本書で見た目を整え
すごい実力の持ち主であることを
周囲に伝えようではありませんか。

本書を通じて、あなたの人生を
好転させるお力添えができれば
それに勝る喜びはありません。

男の年収は「見た目」で決まる──なぜ、一流の人は「顔色」が良いのか?










.